過去のお知らせ|思いやり在宅マッサージ

訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ 訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

過去のお知らせ

ホーム >  過去のお知らせ 

パーキンソン病と運動効果

2018/10/19
パーキンソン病の進行を抑えるためには、
リハビリマッサージと定期的な運動を
バランスよく取り入れることが効果的です。

パーキンソン病の進行度が軽度の場合には、
基本的に積極的に運動をおすすめします。

中等度以上の場合には、
現在の体の状態を維持したり、転倒を予防したり、
良い姿勢を保つための筋力維持の運動が適しています。

そして、
リハビリマッサージは継続して行うことが重要です。

体は定期的に動かすことで、機能が維持されたり向上したりします。
リハビリマッサージは、筋肉疲労の改善、関節拘縮の予防、
認知機能にも良い影響があるとされています。

運動といっても、激しいトレーニングは
必要ありません。

ベッドの上でできること、
テレビを見ながらできること、
家事の合間にできること、
散歩のように気分転換になるものなど、
さまざまなものがありますので、
自身が継続出来そうな運動を
徐々に生活に取り入れていきましょう!

当院の施術者は
全員機能訓練指導員の資格があります。

リハビリマッサージだけでなく、
自宅で出来る運動指導もできますので、

お気軽にお問い合わせ下さい!


最近の記事

rss1.0 rss2.0 atom0.3

無料お試し訪問マッサージ 無料お試し訪問マッサージ