医療保険が使える訪問マッサージ「思いやり在宅マッサージ」。札幌市、江別市、岩見沢対応。

訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ 訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

新着情報

ホーム >  新着情報

MERS

2020年01月21日

中東呼吸器症候群をMERSと呼びMERSコロナウィルスによって引き起こされるウィルス性の感染症になります。

2012年に発見された病気で2015年には韓国の病院で院内感染が確認されいます。

おもな症状は二日~十四日程度の潜伏期間を経て発症し発熱、咳、息切れや呼吸困難などが現れ重症化すると重症肺炎、腎不全などが確認されています。

SARSと同様に治療方法はまだ確立されていないため対処療法になります。

予防方法は一般的な感染症と同じく手洗いウガイ、マスクなどが有用であるとされています。

SARS

2020年01月19日

重症急性呼吸器症候群をSARSと呼びSARSコロナウィルスによって引き起こされるウィルス性の呼吸器感染症です。

2002年11月16日に中国で報告されてから2003年7月までに様々な国や地域で約8000人の感染が報告されうち800人近い方がなくなっています。

初期症状はインフルエンザとよく似ているようで発熱、咳嗽、咽頭痛、悪寒等が見られ症状が進むことで呼吸困難なども現れます。

治療法はまだ確立されていないため対処療法になります。

予防方法は一般的な感染症と同じく手洗いウガイ、マスクなどが有用であるとされています。

運転注意

2020年01月13日

今年の札幌や岩見沢周辺は雪が少ないですね、テレビなどではさっぽろ雪まつりの雪が足りず方々の町からトラックで運んでる様子を映していました。

路肩の雪山が少なく見通しが良いため車などは運転しやすい一方で冷え込みが強いため路面が凍っていることが多く歩行者の転倒や車のスリップなどが見られます。

三連休が明けると子供たちの新学期も始まるため車での運転は特に気を付けなければいけませんね。

 

あけましておめでとうございます。

2020年01月01日

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

水痘(水ぼうそう)に注意を

2019年12月15日

自分が訪問をしている岩見沢市の周辺で水ぼうそうが流行ってきているそうです。

水痘(水ぼうそうは)は水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することによって引き起こされる小児に多い感染症です。

感染力が非常に強く空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。

日本では平成26年10月から定期予防接種化されており、またこの病気は一度掛かるか予防接種を受けることで免疫を獲得すると考えられています。

この病気の特徴としては水痘を発症し症状が治癒した後もウィルス自体は神経に潜伏し続けるためストレスや体力低下、加齢、糖尿病の合併症等で帯状疱疹としてあらわれる事があります。

この病気は感染力が非常に強くマスクや空気清浄機などでは防ぐことが難しい為もしご家族の中で数日にわたって新しい発疹が次々と出現するなどの症状が出ている場合はすぐ最寄りの医療機関の治療を受けるとよいでしょう

咽頭結膜熱

2019年12月09日

咽頭結膜熱は、アデノウイルスというウイルスによって引き起こされるものでプールの水等を介して感染することもあることからプール熱と呼ばれることもあります。

主に子供が掛かりやすい疾患で飛沫感染や接触感染で発症します。

特に別名ともなっている様にプールの水などを媒介として粘膜から感染し発症する場合があります。

症状は、咽頭痛、発熱、結膜炎、の3つが強く現れほかにも下痢、食欲不振、倦怠感なども見られます。

3~4程で症状は軽快に向かいますが稀に重症化する場合もあるため油断の出来ない病気です。

北海道ではまだ流行の兆しは見えませんが他の地域では流行っているため之から冬休みなどで該当の地域に行く際は注意しておくとよいでしょう。

足元に注意を

2019年12月01日

ここ数日暖かく先日積もった雪の高さも低くなりましたが日陰などの場所は足元が凍っていたりと路面不安定のため転びやすくなっています。

加齢とともに骨が脆くなっていくため転倒などによって骨折しやすくまた治りも遅くなるため転ばないことが大切になってきます

滑りづらい靴や杖などや家の中での転倒にも備え部屋の整理や手すりなどを設置すると良いかもしれませんね!

また骨のもろい方は咳やくしゃみなどによっても骨折をする可能性があります、何か違和感を感じたらご家族と相談の上最寄りの医療機関の診察を受けることをお勧めします。

一年も残り一か月を切りました怪我や病気などに気を付けて過ごしていきたいですね。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

2019年11月24日

比較的暖かい穏やかな日が続いています、皆さんはインフルエンザや風邪などで体調を崩してはいませんか?

自分が訪問をしている地域ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎というものが流行りつつあるそうです。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎はA群溶血性レンサ球菌という細菌によって発症する感染症で主に幼児や学童を中心とした疾患になります。

一年を通して流行し飛沫感染や接触感染により引き起こされますそのため手洗いやうがいをこまめに行うことで感染のリスクを下げることが出来ます。

症状は突然の発熱、強いのどの痛み、全身の倦怠感等が挙げられ舌が白い苔で覆われたのちに赤く腫れあがるいちご舌などの特徴的な物も見られます。

医療機関に受診し処方された薬を飲むことで早い段階で症状が改善するようですが薬の服用を途中で中止してしまうと病状が再び発生し、稀に重い合併症場が発生する場合もあり

そのため処方された薬をしっかりと飲み切ることが大切です。

今年も残りわずか感染症にかからぬよう手洗い,うがいはしっかりと行うようにしましょう

ヒートショック

2019年11月17日

この時期多くなるヒートショック皆さんは予防していますか?

ヒートショックは暖かい所から寒いところに移動した際におこる血圧の急激な変動により脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な症状をもたらす事があるものです。

主に高齢者の方によく見られお風呂場から脱衣所に移動した際などに発生することが多くテレビやラジオ等で注意喚起されています。

冬場の季節におおく11月~2月などによく見られます、また若い方も稀にヒートショックが現れる事がありますので自分は大丈夫と思わず備える事が大切です。

ヒートショックの原因は寒暖差の激しい場所への移動のためお風呂場と脱衣所などの室温を上げて一定にすることで防げるようです。

これからの寒い冬、怪我や病気などなさらないよう気を付けてお過ごしください

ノロウィルス

2019年11月10日

立冬もすぎ北海道の一部には雪も積もり始めました久しぶりの冬道ということで車に乗る人は少し緊張したかもしれませんね。

さて今年も牡蠣がおいしい時期になってきましたこの時期流行りやすい食中毒としてノロウィルスが挙げられますね。

このウィルスは1年を通して見られますが感染原因として考えられている二枚貝とくに牡蠣等の消費が多くなると感染が増え始めます。

感染力や症状が強い一方でノロウィルスに有効な抗生物質などがない為、こまめな水分補給などの対処療法が取られます

また感染者の吐しゃ物等にはノロウィルスが大量に含まれているため素早く消毒・清掃をしなければなりません。

気を付けなればならないのはノロウィルスにはアルコール消毒は効果が低くいため塩素系の消毒液を使用するという点ですまた2次感染を防ぐため使い捨てマスクや掃除の際に着ていた服などはすぐに洗浄するとよいそうです。

またノロウィルスの症状が落ち着いても2~3週間ほど体内にウィルスが残るため掛かった人は人に会うなどの機会を少なくしなければいけないようです。

手洗いうがい等に気を付け食中毒に気を付けてお過ごし下さい。


K}bT[W K}bT[W