医療保険が使える訪問マッサージ「思いやり在宅マッサージ」。札幌市、江別市、岩見沢対応。

訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ 訪問医療保険マッサージ 思いやり在宅マッサージ

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

新着情報

ホーム >  新着情報

廃用症候群による筋硬縮、関節拘縮にはマッサージが効果的

2019年01月12日

廃用症候群とは、

不使用の状態が続くと原因疾患の有無にかかわらず、身体にも精神にもあらゆる面で機能の衰えが早く進行します。

不使用や不活動によって生じる代表的な症状には、

運動器障がい、循環器障がい、自律神経障がい、精神障がいなどが挙げられます。

これらの症状は、単独で存在することはまれで、ほとんどの場合いくつかの症状が同時に存在し、

相互に影響しあっています。こうのような症状を総じて、廃用症候群と診断されます。

今回は、廃用症候群の中でも、

鍼灸マッサージ治療の効果が高い、

症状である筋萎縮(きんいしゅく)、骨萎縮、関節拘縮(かんせつこうしゅく)について解説します。

活動性の低下により引き起こされる「関節拘縮」。関節の不動により、

筋や軟部組織が徐々に弾力性を失い、線維化することで引き起こされます。

拘縮の病因は、大きく3つに分かれます。

  1. 筋性によるもの
  2. 軟部組織性のもの
  3. 関節性のもの

筋性は筋肉、軟部組織性は腱や靭帯が影響するもの、

皮膚などの関節周囲の軟部組織から起こるもの、軟骨や関節包など関節性のものと、

それぞれ関節可動域の制限因子となります。

これらの病因は重複して起きていることが多く、結果として関節拘縮を引き起こします。

外傷や麻痺(まひ)、疼痛(とうつう)など、拘縮の誘因となるものは多くありますが、

1番の理由は関節運動の減少、不動によるものとされています。

 

ですから、鍼灸マッサージ治療を積極的に取り入れることにより、

関節拘縮の緩和させることができます。

。特に、長期入院中の患者さんに起こる重度の拘縮は、

ADLの低下、介助量の増加を防ぐためにも、早期に積極的に取り入れることをお勧めしています。

 

無料体験マッサージを随時受け付けておりますので、

お気軽にお問合せください!

思いやり在宅マッサージ 0120-013-089

 

 

 


K}bT[W K}bT[W